エリザベスウェア

 避妊手術後、傷口を保護するにはエリザベスカラーが一般ですが、最近はエリザベスウェアも好まれているようです。もちろん外猫にはカラー、ウェアどちらも使えませんので仮に舐めても影響がでないように(完全ではありませんが・・)、持続性抗生剤の注射、吸収糸による3層縫合を実施しております。ただ、飼猫用にエリザベスカラーだけでなくウェアも用意しておこうと思い、今回導入を決定いたしました。さっそく我家の猫をモデルに着させました。現在試着用に2サイズご用意しております。常時在庫はしておりませんのでご検討されている方はあらかじめご相談下さい。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示