厚木市長からの回答

今年(2021年)4月より、以前認められていた厚木市の猫不妊・去勢手術費助成制度において、当診療所が除外されました。事前に担当者より電話1本で通告されたのですが、その後幾つかの問題が生じたため(ここでは話せませんが)、およそ半月にわたり交渉の末、以下の書面を発行してもらうことが出来ました。

以下原文

令和3年10月22日 VOC外猫診療所 所長 今鉾 君雄 様


厚木市長 小林 常良  ㊞

厚木市猫不妊・去勢手術費助成制度について

清秋の候、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。日頃、本市動物愛護行政に御理解と御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、厚木市猫不妊・去勢手術費の助成事業につきましては、「厚木市猫不妊・去勢手術費助成要綱」に基づき、事務を執行しておりますが、コロナ禍における市内事業者の支援強化及び団体育成の観点から見直しをしました結果、令和3年4月1日から手術実施機関の対象を「厚木愛甲獣医師会会員又は厚木市内に飼育動物の診療施設を開設した者」に要綱を改正させていただきましたので、御理解いただきますようお願いいたします。これまで御協力いただきましたこと、心からお礼を申し上げます。

担当 環境農政部 生活環境課 美化衛生係 電話 (046)225-2750(直通) 担当者 ★★★

このような対応をする自治体は近隣では皆無であり、はなはだ遺憾ではありますが、 愛川町でも問題が山積しており、厚木市の対応に関しては現時点ではスルーしておくことにします(厚木市民でもありませんし)。厚木市の方には申し訳ありませんがご了承下さい。

※続きもあるので気になる方はハテナブログの方をご覧下さい。

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夢がある