外猫さくらちゃん奮闘記 その1:捕獲器の中でおとなしい子

更新日:2020年3月10日

当診療所に避妊手術依頼された外猫ちゃんが故あって家猫になるまでの様子です。

【現在進行中】


2月下旬に不妊手術ご依頼を受けました。当日ご飯を食べてしまったとのことなので、一泊お預かりとなりました。オスメス不明でしたので、捕獲器の中で確認しようとしましたが、しっぽを股の間にしっかりしまい込んでなかなか見ることが出来ません。捕獲器向きを変えたりしましたが、網に爪をかけてこちらの思うようにはなりません。結局はメスだと確認できたのですが、この間「シャー」とか「フー」とかも無く辛抱強い猫ちゃんだと思いました。捕獲器の中でなでなでしてもじっとしており、それ程苦労せず家猫なれそうと思いました。


閲覧数:28回0件のコメント