感染症検査について考える〈その1〉

『猫白血病ウィルス(FeLV)抗原/猫免疫不全ウィルス(FIV)抗体同時検査用キット』について少しお伝えしたいと思います。飼主様あるいは依頼主様がこの検査の意味をしっかり理解していないと、思わぬ問題が生じる可能性があります。

 獣医師がこの検査の説明をしても、それ程意識してこなかった方がその場で理解して納得して検査を頼むというよりは、「やらないよりやった方が良さそう。」というようなことが多いような気がします。受ける獣医師の方も、「一応説明はしたのだから…。」ということで済ませてしまうことがあるかもしれません。ここでは検査に関する当診療所の考え方を述べたいと思います。なぜここで述べるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、検査結果は替えようが無いのですが、検査の運用は病院や獣医師によって多少異なると思われるからです。

11回の閲覧
  • Facebook
  • YouTubeの

046-281-1937