里親さん募集する前に:その3

3回目の糞便検査でも問題ありませんでした。糞便検査の方法は、便を生理食塩水で溶き、直接顕微鏡で見る直説法。比重の高い溶液で溶いて虫卵等を浮かせ顕微鏡で調べる浮遊法があります。さらに浮遊法では飽和食塩液を用いるものと、硫酸亜鉛を用いる硫酸亜鉛遠心浮遊法があります。日にちを変えて3回それぞれ3種類の方法で調べた結果いずれも問題なしでした。今日よりお部屋を移動しました。広くなったので少し快適そうです。      顕微鏡の写真は以前別な猫で確認したコクシジウムのシスト(卵のようなもの)です。外猫を新たにむかい入れるときは、糞便検査の実施をお勧めしております。



7回の閲覧
  • Facebook
  • YouTubeの

046-281-1937