top of page

検索結果

「」に対する検索結果が381件見つかりました

  • TNRと機動力

    愛川町では公共交通手段としてはバス・タクシーしかありません。川崎の病院の時も、捕獲器に入った猫ちゃんをバスで連れてきた方が少なからずいらっしゃいました。布で包んで大変そうでした。当診療所ではお迎え、お届けを行うので車を運転なさらない方には、利用していただきたいです。ご相談下さい。なお写真の猫ちゃんでは依頼者様(掲載ご了承済)が捕獲器を近隣の団体様から借り受け、当診療所で去勢手術となりました。

  • 感染症検査について考える〈その1〉

    『猫白血病ウィルス(FeLV)抗原/猫免疫不全ウィルス(FIV)抗体同時検査用キット』について少しお伝えしたいと思います。飼主様あるいは依頼主様がこの検査の意味をしっかり理解していないと、思わぬ問題が生じる可能性があります。 獣医師がこの検査の説明をしても、それ程意識してこなかった方がその場で理解して納得して検査を頼むというよりは、「やらないよりやった方が良さそう。」というようなことが多いような気がします。受ける獣医師の方も、「一応説明はしたのだから…。」ということで済ませてしまうことがあるかもしれません。ここでは検査に関する当診療所の考え方を述べたいと思います。なぜここで述べるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、検査結果は替えようが無いのですが、検査の運用は病院や獣医師によって多少異なると思われるからです。

  • 里親会のこと

    以前勤務していた病院では定期的に里親会を開催しています。私も月に2回ボランティアとしてお手伝いさせてもらってます。ここ2か月位はあまり里親様が決まらず苦労しています。里親会を主催する団体それぞれに譲渡条件があるので、この条件に合わないと猫ちゃん欲しくても譲渡出来ないことがあります。条件を緩めてしまうと、苦労して世話をしてきた猫がはたして幸せに暮らしていけるのだろうかという心配が生じてしまいます。残念なのは条件に合わない方への説明に対し相手が納得していただけない場合です。結局のところ条件の合う団体を探していただくしかないのが現状です。当診療所でも運営が軌道に乗った暁には里親の仲介も考えるつもりです。

  • 捕獲器導入しました

    慣れていない外猫ちゃんを当診療所に連れてきてもらうのに、捕獲器が必要でした。以前の病院にあった物と同じものが今回手に入りましたので、お知らせします。慣れていなくても、捕獲器に入ってくれれば、鎮静は捕獲器の外からできます。人と猫とが互いに怪我無く、TNR活動を行いたいですね。捕獲器の使い方が分からない方には丁寧にご説明いたします。是非ご相談下さい。なお、家庭内野良ちゃんにもご利用していただけます。

  • 蒲田で里親会

    1月5日日曜日、以前勤めていた病院を運営する団体が主催する里親会に、ボランティアとして参加してきました。寒い中、猫ちゃん達もがんばってアピールしてくれましたが、今回里親さまが決まった子はいませんでした。譲渡条件が合わないと里子には出せないので、猫ちゃんを欲しいと思っていても譲渡できないことが少なくありません。この譲渡条件は、様々なケースを経験し間違いの無いようにと思って設定してきたものですからそう簡単には変更出来ません。次回に期待します。

  • あっという間の二か月でした

    川崎の病院を10月末で退職して、準備に一か月半かかり、何とか開業することが出来ました。器材・薬剤は避妊去勢に関しては揃っていますが、起こりやすい病気に関しては十分ではありません。このような診療所ではありますが、信頼していただき、避妊去勢手術をご依頼して下さった方々には厚く御礼申し上げます。今後、多くの方々に支持していただいて、より良い診療を目指します。これからもよろしくお願いいたします。

  • おとなしいお母さん

    先日の男の子に続いて今日は女の子(お母さん)です。奥のタオルがかかっているキャリーの中で静かにしています。3匹いた子供は新しいお家に行くそうです。今晩一泊して、明日午後には元の場所に戻す予定だそうです。

  • 一泊した朝

    避妊手術で一泊している猫ちゃん、今朝オシッコでて、ご飯も食べてくれました。

bottom of page